保育所・幼稚園などの利用したいとき

平成27年4月からの『子ども・子育て支援新制度』の開始により、年齢・保育の必要性の有無により、支給認定を行い、『子ども・子育て支援 支給認定証』を交付します。
 
保育の必要性 あり なし
年齢 満3歳以上
の場合
<2号認定>
保育所・認定こども園のご利用
<★1号認定>
幼稚園・認定こども園のご利用
満3歳未満
の場合
<3号認定>
保育所・認定こども園・地域型保育のご利用
認定の対象外
※一時保育事業のご利用
「認定こども園」とは…
教育と保育を一体的に行う施設のことで、幼稚園と保育所の機能や特徴を持ちあわせ、地域の子育て支援も実施していきます。
支給認定証の記載内容に変更がある場合は変更申請が必要となります。変更申請をしていただかないと利用料に反映されませんので、ご注意ください。

保育所・認定こども園(★1号認定を除く)・小規模保育事業・家庭的保育事業の利用

 次の①・②を満たす方がご利用いただけます。
  ① 名古屋市内にお住まいの方
  ② 保護者のいずれの方も保育の必要な事由に該当すること
※「保育の必要な事由」には、就労、産前産後、疾病、親族介護、就学、求職活動などがあります。事由によって、利用できる期間や保育に必要な時間が決まっています。詳しくは、名古屋市のウェブサイトをご覧いただくか、区役所民生子ども係または支所保護・子ども係にお問い合わせください。

【利用先】
保育所 :現在、区内には公立保育所12か所、民間保育所20か所
認定こども園 :現在、区内には6か所
  *幼稚園と保育所の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。
小規模保育事業 :現在、区内には5か所
  *少人数(定員10~19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細かな保育を行っています。
家庭的保育事業 :現在、区内には4か所
  *家庭的な雰囲気のもとで、少人数(定員5人)を対象にきめ細やかな保育を行っています。
区外の施設へのお申し込みもできます。

【申込にあたって】
申込書は第6希望まで記入できますが、すべて記入していただく必要はありません。希望される施設には事前に見学に行き、ならし保育を含む保育時間や保育内容などをご確認ください。そのうえで、実際に通園できる園をご記入ください。
アレルギーやお子さんの発達などに心配や気になることがある方は必ず、事前に申込先にご相談ください。
申込書など申込に必要な書類は申込先で配布している他、名古屋市のウェブサイトからダウンロードできます。
保育所などの空き状況については、申込先にお問い合わせください。
市外の施設を希望される場合も区に申込みをしていただきます。あらかじめ希望先の市区町村に受入れの可否、締切日、必要書類などをご確認のうえ、余裕を持って、申込先にお越しください。

【申込方法】
4月利用を希望される場合は、『広報なごや10月号』またはウェブサイトで申込方法をお知らせします。(平成29年4月の場合は、平成28年10月17日から12月12日までが申込期間です。)
申 込 先
お住いの区の区役所民生子ども係または支所保護・子ども係
申込期限
利用を希望する月(4月を除く)の前月の15日(15日が休庁日の場合は翌開庁日)
提出書類
保育利用申込書(朱肉を使う印鑑)
  健康チェックカード(守山区様式)
  事前質問票(守山区様式)
  就労証明書、診断書、介護に関する申告(証明)書、求職申立書など家庭でお子さんの保育ができない状況を確認できる書類
(保育の必要な事由により必要な書類が違います。)
  収入、税額の確認できる書類
(H27.1.1現在、住所地が市内の方は必要ありません。)
  その他
提出書類と朱肉を使う印鑑をお持ちになって、窓口にお越しください。
保育の必要な事由によっては、他に提出をお願いするものがありますので、事前に区役所民生子ども係または支所保護・子ども係にご相談ください。

【利用調整】
定員を超えるなどの理由で、希望するすべてのお子さんが利用できない場合には、「利用調整基準表」に沿って利用調整を行い、利用者を決定します。
申込締切日までにご提出いただいた資料に基づき利用調整をします。申込に必要な書類(保育利用申込書、家庭でお子さんの保育ができない状況を確認できる書類)は申込締切日までにご提出ください(必着)。ご提出が遅れた場合には本来のランクや調整指数で利用調整できないこともありますのであらかじめご了承ください。

【申込方法】
結果は、利用を希望される月の前月22日頃に決まります。利用できる方には、まず電話連絡後に「保育利用決定通知書」を、利用できない方には「保育利用保留通知書」をお送りします。(「保育利用保留通知書」をお送りするのは、当初の1回のみです。)
定員に空きがない場合や利用調整の結果、保留となった方については、同一年度内に希望する施設に欠員が出るなどした度に、再度利用の可否を検討します。

【利用決定後の手続き】
施設と入所前面談をしていただき、ならし保育を含め具体的な保育時間や用意するもの、利用料以外の必要経費などを確認していただきます。
「保育の必要な事由」や保育の必要時間、利用料に関することに変更があった場合は、利用施設にお申し出いただき、施設または申込先に「支給認定変更申請書」をご提出ください。


幼稚園・認定こども園(★1号認定のみ)の利用

 3歳以上就学前までのお子さんをお持ちの方であれば、住所地や保育の必要性の有無にかかわらず、ご利用いただけます。

【利用先】
幼稚園 :現在、区内には市立幼稚園1か所、私立幼稚園12か所
認定こども園 :現在、区内には6か所(1号枠がない園もあります。)

【申込にあたって】
区内の私立幼稚園は平成28年4月において、『子ども・子育て支援新制度』へ移行する予定の園はありませんので、支給認定を受けていただく必要はありません。
市立幼稚園及び認定こども園(1号認定)について、支給認定を受けていただく必要がありますが、入園決定後に園を通じて申請をしていただきますので、個別に区役所・支所に来ていただく必要はありません。

【申込方法】
4月からの入園希望の場合: 各園にて、前年9月上旬から用紙を配布
各園にて、前年10月上旬から申込受付
4月以外の入園希望の場合: 空き状況によっては、随時の受付も行っています。
詳しくは、各園にお問い合わせください。